////
///

Before riding 滑るのに必要なアイテムについて





Introduction
01 パウダー/POWDER
02 雪板/YUKIITA
03 リーシュコード/Leash coad
04 雪靴/Boots
05 木のスクレーパー/Wood Scraper




photo:Make Peace Lab









/// ITEM 01


POWDER 新雪
雪板を滑るためには、新雪でなければ本当の魅力を体感することができない。
硬い時はただ板が傷つくし、滑落しているのと変わりない。
サーフィンで言えば波がないから出来ないのと一緒で、新雪15cm以上ないと、雪板は楽しめない。











/// ITEM 02


YUKIITA 雪板
雪板はコンデションにあったものを選んで滑る事がコンスタントに楽しめる。
なだらかな所を滑るには大きめの板、急斜面でテクニカルな所は細めで短い板。
スノーボードの選び方と似ているが、ビンディングレスなのでもっとシビアである。
だから雪板は滑れば滑る程、いろいろな板が欲しくなってくる。







/// ITEM 03
Leash cord リーシュコード
雪板は、板に乗っているだけなので転んで板を飛ばしてしまうと、取り返しがつかない事になってしまう。
板だけ滑って流れ、歩いて降りるはめになってしまったり、人や木・建物にぶつかってしまう事もある。
そこで命綱と行っていい程大切なのが、リーシュコードである。
今はまだ専用のリーシュコードといった物はないが、適しているのはリール付きのドッグリーシュ(中型犬用)。
なぜリール付きが良いかって言うと、木に引っかからない。長くのびるので跳ね返ってきづらいので使っている。
小型犬用は、コンパクトで良いが強度に問題があって、おすすめはできない。



















/// ITEM 04
BOOTS 雪靴
雪板に適している靴は、とにかく足裏感覚が伝わりやすく、柔らかくて足首の自由が利くもの。
例えば、KEENの様なスノトレ。
フラットのソールが良ければ、アイパスのようなボア入りのハイカットスニーカーに、
あったかインソールを入れ、ゲーターをつけ雪が入らない様にする。
もう一つは、厚いサーフブーツ。足裏が気持ちいい。
まだ雪板専用としては、確立していないので自分のスタイルにあわせてチョイスするのが好ましい。

/// ITEM 05
Wood Scraper 木のスクレーパー
雪質によって板にが付き、足が滑って滑走出来なくなってしまう時や、ソールにも氷がついて滑らなくなってしまう事がある。
そのときに木のスクレーパーがあると、かなり便利。
プラスチックのスクレーパーだと、木で来ている雪板を傷つけてしまうので、木のスクレーパーが雪板には適している。